ヤノフ村の織物展~マズーレ追憶の糸~ 10/20-11/8 @CEDOKzakkastore 3F


janow

チェドックでは今年も10月20日(火)から11月8日(日)までポーランド、ヤノフ村の織物展を開催します。
ポーランド東北部の小さな村ヤノフには、18世紀から村の女性たちが代々受け継いできた伝統の織物があります。今も羊毛を洗い、糸車で糸を紡いで織る二重織りの織物は、途方も無い時間をかけてつくる手仕事の価値のつまった温もりのある織物です。
今年の展示は、「マズーレ追憶の糸」というテーマで開催します。千の湖といわれるポーランド東北部、湖水地方のマズーレ。ここにもかつてヤノフ村と同じように二重織りの伝統がありました。しかし時代とともに工房や織手がいなくなり、今はこの地で織りは受け継がれていません。今年はマズーレの伝統的な文様をヤノフ村の織り手さんと共に復刻、再現しました。固有の幾何学模様が特徴的なマズーレの文様とヤノフ村の伝統が合わさり、たくさんの素晴らしい織物が誕生しました。その作業はまさに、古きをたずねて新しきを知る。新しいヤノフ村の織物をどうぞご覧ください。

タペストリー、クッション、ブックカバー、バッグなどの新作に加え、今年はマズーレの平織りの敷物やショールなどもご紹介予定です。

主催:SlowArt 藤田泉
在廊日:10月20日(火)24日(土)
※10月26日(月) 11月2日(月)は定休日です。

slow-artのサイトはこちら

ワークショップのキャンセル待ち受付はこちらから。備考欄に必ず希望の日にちをご記載ください。