ヴィンテージボヘミアガラスの世界 @CEDOKzakkastore 7/11-7/30


20170711uran500

ヴィンテージボヘミアガラスの世界
2017年7月11日(火)~30日(日)
※18日(火)24日(月)は定休日です
※7月29日(土)は隅田川花火大会のため臨時休業いたします。雨天順延で30日(日)に花火大会が開催される場合は30日も休業させていただきます。

チェコ西部のボヘミア地方は古くからガラス工芸が盛んで、
この土地で作られたガラス製品は「ボヘミアガラス」と呼ばれています。
チェコには現在も優れたガラス職人がおり美しい「ボヘミアガラス」が作られていますが
今回は主に1960年代に製造されたヴィンテージのボヘミアガラスを集めました。
型にガラス質を入れ圧力をかけて成型するプレスガラスの置物や小物入れ、小皿をはじめ
ボタンやアクセサリーなども並びます。
またごく微量のウランを混ぜることで作られた黄色や黄緑色の「ウランガラス」は
暗闇でブラックライトを当てると蛍光を発します。
現在はほとんど作られていないウランガラス、今回は店頭にブラックライトもご用意しますので
妖しく輝く貴重なガラスを是非ご覧くださいませ。