「チェコを綴じる 印刷と紙」@えほんやるすばんばんするかいしゃ 高円寺9/18-10/15


20170918rusuban500

「チェコを綴じる 印刷と紙」
9月18日から10月15日まで
えほんやるすばんばんするかいしゃ

久しぶりに高円寺のえほんやるすばんばんするかいしゃでイベントをします。
以下、面倒なので店名を「るすばん」と省略します。
店にいても家にいても、手を伸ばせばすぐに絵本を手に取れるような異常な生活をしていると
チェコの絵本に囲まれている生活が当たり前になりすぎてだんだんマヒしてきます。
手に入れるのに本当に苦労した絵本や、まぁ、それなりに手に入りやすい本などいろいろとあるわけですが
そういうものたちがグチャグチャと混じり合ったものを生活の背景にして日々暮らしてますから
マヒしたり「ありがたみ」みたいなものを忘れてしまいがちなわけです。

今回イベントをするにあたり「印刷のきれいな絵本を中心にセレクトしてほしい」と言われたのですが
滲むような深い色使いの絵本をいくつかはすぐに思い浮かべることができました。
また年代や出版社などによりセレクトすべき絵本というのを思い描いてはいたのですが、
いかんせん今までそんな基準で絵本を選んだことがなかったので、結局売り場や倉庫の絵本を
片っ端から開いては閉じという作業に没頭し、思いのほか時間がかかってしまいました。(べつに文句をいってるわけではありません)
でもそうやってあらためて見てみると、自分が思ってた以上に、例えばモノクロの印刷でも
古く、おせじにも質が良いとはいえない紙に美しく印刷が映えているのを見るにつけ
「ああ、こういう印刷の良さみたいなのもあるんだな」と新しい発見がありました。
ちょっと視点を変えて、伸びしろを増やしてセレクトしたチェコの絵本が大量に並んでますので
ぜひ見に行ってみてください。18日からです。

あと、倉庫の整理をするいい機会になったのでうちの店にもどんどん新しい絵本が出てますので
そちらもよかったらぜひ。お待ちしてます。